投資では欲を出さないことが成功のカギ

投資で成功したようす大切な財産を少しでも殖やそうと思ったら、資産運用こそは非常に重要になります。その資産運用においては、リスクとリターンこそが非常に重要な要素です。たとえば株式や商品先物取引、それに外国為替証拠金取引などはハイリスク・ハイリターンなものです。それに対して外貨預金や不動産取引などは、ミドルリスク・ミドルリターンだと言われています。そして普通預金や定期預金などの預金商品全般ならば、基本的に元本保証ですのでローリスクローリターンな金融商品です。
このように投資のリスクとリターンとは、正比例する関係にあります。ですからローリスク・ハイリターンな商品が欲しいと思って探したとしても、そんな都合の良い商品など存在しないのです。だからこそ実際の資産運用においては様々な商品を活用することで、リスクとリターンのバランスを取って資産運用に励むようにするのです。それが大切な財産を殖やすためには、最も安全で確実な正攻法とされているのです。
とにかく資産運用ではリスクを取らずにリターンだけ得ることなどできませんので、財産を殖やすことだけに気を奪われていてはいけないでしょう。確かに殖やすことも重要ですが、大切な財産なのですから、絶対に減らさないように注意することも非常に重要なのです。特に投資商品を活用する際には、絶対に欲など出してはいけません。人間というものは、欲を出すとリターンにばかり注目してしまい、リスクに目が向かなくなってしまいます。それは非常に危険な状態と言えるのです。
たとえば外国為替証拠金取引などは、リターンの大きさだけを見れば確かに非常に魅力的ですが、冷静にリスクの大きさにも目を向けるべきです。そうしてこそ正しい判断で取り組むことができるのです。しかし現実の外国為替市場を広く見回すと、欲を出してリスクに対して注意不足となってしまう投資家は多いのです。だから儲けるつもりで取り引きを行っても、結果として却って損をしてしまう者が多くなっているのです。
結論として言えることは、資産とは地道にコツコツと殖やし続けることが基本だということです。決して楽して儲けようなどと考えてはいけません。そんな動機で資産運用を行うくらいなら、何もやらずに預金商品だけにしておいたほうがまだマシだと言えるでしょう。とにかく、欲を出すと冷静さを失ってしまい判断力も低下します。そうすると利益を手にする可能性よりも、損失を被ってしまう可能性のほうが高くなってしまうのです。

関連記事